ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人…

ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人の公式noteです。 noteでは、主にランスタッドで働く人たちにフォーカスした発信をしていきます!ランスタッドへの取材等のご相談はこちら(https://bit.ly/3jzXsvk)へ!

マガジン

  • ランスタッドメンバーのnote記事

    各部署で働いているランスタッドメンバーが、日々考えていることや思っていることなど、生の声を書いています。

  • ランスタッドのなかみ

    ランスタッド社内のカルチャーや制度、各部署の様子や社内コミュニティの活動など、「ランスタッドのなかみ」をお伝えします。

  • キャリアや仕事に役立つTips

    総合人材サービス会社ならではのキャリアや仕事、組織運営に役立つTipsについてお伝えしています。

  • サッカーとランスタッド

    ランスタッド内のサッカーに関するnoteを集めています。

  • ランスタッドの気になるあの人/必殺仕事人

    ランスタッド社内で、ちょっとした有名人!?気になるあの人 / 必殺仕事人の素顔や極意に迫ります。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

世界最大シェアの人材会社、note始めます。

はじめまして、ランスタッド株式会社です。 こちらのnoteは、ランスタッド マーケティング&ブランドコミュニケーション本部 SNS担当のはせがわが更新していきます。 はじめての投稿となる今回は、noteを始めるに至った経緯や思いをお話ししたいと思います。 ランスタッドってどんな会社?ランスタッドは、「human forward.(=人と組織の真の可能性を引き出すこと)」をパーパスにしている総合人材サービス会社です。オランダ発のグローバル企業で、世界最大(※1)の人材サー

    • 全国各地にいる社内のパパママと座談会をやってみたら、気持ちをシェアすることで救われることもあると気付いた

      ランスタッドのnoteには、社内で執筆メンバーを募集した際に集まった30名以上の社員が参加しています。個性的な記事が並ぶ中、執筆メンバー内にはワーママ・ワーパパが多数在籍していることもあり、子育てに関する記事を目にすることが多い印象です。 そこで、運営メンバーは思いつきました。 執筆メンバー内でパパママ座談会したらおもしろいんじゃない? これまでは、子どもを持つ親同士だと知りながらも、普段業務をしている中、ましてや全国各地の拠点やリモートで働くメンバーも多いため、なかなか

      • 「今年の野望」がなかった私が、ランスタッドのnoteで「自分の棚卸こそが未来への準備だ」ということに気付けた話

        こんにちは。「La Verkist(ラ・ヴェルキスト)すー」です。 先月、ランスタッドのnoteを書いているメンバーでちょっとした集まりがあったのですが、その中で「今年やりたいこと」を発表する機会がありました。 「今年は海外のあのエリアに旅行したい」「仕事の面ではこういったことを頑張りたい、皆に広めたい」など、思い思いのみなさんの発言を「いいなぁ」「面白そうだなぁ」と聞きいっていました。 そしていざ自分の番になったときに…「今年ならではの何か」それこそ「今年の野望」が、

      • 私の欲しいものを書いたら自己紹介になった【パタゴニア行きのツアーチケットが欲しい】

        会社のnoteをみんなで書いていこうね、という有志の集まりで新年会があった。その際に「サイコロで書くネタを決めよう!」という企画があり、私は「あなたが欲しいものをnoteで書いてね!」という担当になった。 欲しいものを頑張って探してみた。書いてみよう。 1番欲しいものと2番目に欲しいもの 1番欲しいもの…… それは…… 健康! それ以上に欲しいものはないです!健康、健康な体をください! 企画の意図と違っていると思うので2番目も考えた。 2番目に欲しいもの……

      • 固定された記事

      世界最大シェアの人材会社、note始めます。

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • ランスタッドメンバーのnote記事
        ランスタッドのnote
      • ランスタッドのなかみ
        ランスタッドのnote
      • キャリアや仕事に役立つTips
        ランスタッドのnote
      • サッカーとランスタッド
        ランスタッドのnote
      • ランスタッドの気になるあの人/必殺仕事人
        ランスタッドのnote
      • 心地良く感じる仕事を見つけよう
        ランスタッドのnote

      記事

      記事をすべて見る すべて見る
      • その方法、自分に合ってますか?映画が苦手な私がゲームをしながら映画を観たら自分の固定観念に気付いて状況を打破できた話

        先日、私の働くランスタッドのnote執筆メンバーが集まる新年会で、noteのお題付きおみくじ企画に参加した際に『家族や友人とのお正月エピソードを書いてみる』と言うお題を引いたので、今日はそんな内容で書いていきたいと思います。 今年は例年より長い年末年始のお休みをいただきました、早川です。 充実した長期休みを過ごすために、何をしようかな?と考えていた2023年末。 そんな時、15年来の友人からユニバーサルスタジオジャパンのお土産をいただく機会がありました。 開口一番に「ハリ

        その方法、自分に合ってますか?映画が苦手な私がゲームをしながら映画を観たら自分の固定観念に気付いて状況を打破できた話

      • 仕事を辞めたいと思ったから、noteで「ワーママ 転職」で検索してみた。

        『あ、もう辞めようかな』 年明け2日目の仕事中、まるで何かが天から降り立ってきたかのようにそう思った。 仕事のことは今まで散々悩んできた。当然、辞めたいと思ったことも一度や二度ではない。 一周回って、「今の仕事って自分に向いているのかも?」と思い始めていたけど、やっぱりなんか違う気がしてきた。というより、この仕事を続けることで私は私らしさを失っているんじゃないかとすら思えた。 「なんか違う」が消えてしまう前に転職サイトをポチッ何度もこの違和感を感じては、結局38度くらいの

        仕事を辞めたいと思ったから、noteで「ワーママ 転職」で検索してみた。

      • 東京に行った夫が、2泊3日で35万円使ってきた

        ある日、夫が 「東大で会社の昇進表彰式があるらしい」 と言ってきた ※念の為お伝えするが、ここ(居住地)は熊本だ 夫は少しだけ昇進しており、表彰式の対象だと連絡がきたらしい 東大の中に会社関係のホールがあるらしく、 そこに全国の昇進した社員が集うとのこと え、まじ? いいな、学食食べてきて〜 (高卒のため大学に憧れを持つ私には これしか感想がなかった) 元々は私も東京で働いており、そっちで結婚したので 一緒に行って表彰式が終わったら遊んでこようよと言われたが 年末

      • 初めて生で観戦した横浜F・マリノスのホーム戦がまた観られる日を楽しみにマリノスくんを愛でているはなし

        初めてのマリノス観戦 2023.10.21 Sat 日産スタジアムにて初めて横浜F・マリノスのホーム戦を観戦。 生でサッカーの試合を観ることが高校生ぶり。 試合が始まるまでも周囲の雰囲気にのまれて、なんとなくソワソワしてました。 いざ試合が始まると、もう目が離せなくて、終始ドキドキしながら、ときどき声が出てしまうほど集中していました。 もうとにかく興奮。ゴールの瞬間は特に。 後半の怒濤のゴールラッシュは髪の毛が逆立つかと思いました。 食べながら観よ〜と買っていた

        初めて生で観戦した横浜F・マリノスのホーム戦がまた観られる日を楽しみにマリノスくんを愛でているはなし

      • キャリコン上司 VS ChatGPT!人材サービス会社でコーディネーターとして働く私がChatGPTに本気でキャリア相談してみた

        こんにちは。外資系人材サービス会社、ランスタッドでコーディネーターとして働く早川と申します。 突然ですが私の働く会社では、3ヶ月に一度、直属の上司と今後のキャリアや方向性などを建設的かつ率直に話し合う、『グレートカンバセーション』、通称『グレカン』と言う個人面談イベントがあります。 キャリアの目標を立て、1人1つ用意された専用のスプレッドシートに進捗を入力したものを使用するため、作業としては正直めんどうだな、と思うことも。 しかし私の上司はキャリアコンサルタントの資格を持

        キャリコン上司 VS ChatGPT!人材サービス会社でコーディネーターとして働く私がChatGPTに本気でキャリア相談してみた

      • 京都移民日記【1】大阪、京都、東京 ー東のバニラ、西のホストー

        京都に来て3ヶ月未満だが、色々見えてきたものもあって、そして2週に1回通っている大阪もまた、感じているところもいろいろあり…… 

ちょっとまとめておこう。 東のバニラ、西のホスト 京都になくて、東京、大阪にあるものなーんだ? 
それはナイトなワーカー向けの求職サイトの派手な広告トラックである。 「バーニラ、バニラバーニラ♪ バーニラバニラで高収入♪」 
昔、東京の池袋駅の近くに住んでいた際、家でくつろいでいる時間にバニラの音が聞こえてきて最悪だった。世の中にたくさ

        京都移民日記【1】大阪、京都、東京 ー東のバニラ、西のホストー

      • 2024年最初のnoteはやっぱり抱負とやりたいことを書き出してみようと思う

        2023年は自身に取って、『駆け抜けながらも飛躍した年』でした。 迷走しながらも前に前に走って、時折背伸びなんかもして兎のようにピョンピョン跳ねていた気がします。 2024年は更に良い年を目指して、「これをやるぞ!」「こんなことやりたいな」を語っていこうと思います。 読んでくださった方と思いを共感しながら、共に今年も頑張っていけるように前向きな思いになってもらえたらと願って書き出します。 まずは今年の抱負を考える私の抱負はいつも大体『幸せになる』とか、それに近いものにし

        2024年最初のnoteはやっぱり抱負とやりたいことを書き出してみようと思う

      • 「おとそ」を知らなかったもうすぐ29歳の私の2024年の目標

        「この辺ではお屠蘇にこれを飲むのよ」 「・・・おとそってなんですか?」 これが今年元旦の私と義母の会話である。 お屠蘇(おとそ)とは、元旦の朝にいただくお酒のことらしい。知ってて当たり前のことだったらしく、義母にはちょっとびっくりされた。私は、「ああ、またやってしまった」と恥ずかしくなった。 私はもうすぐ29歳。社会人歴7年、子供もいる、一般的にみたら「大人」にカテゴライズされる。 だけど、私には知らないことが多すぎる。これは昔からコンプレックスだった。 何を知らなかっ

        「おとそ」を知らなかったもうすぐ29歳の私の2024年の目標

        横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

        ランスタッドでは、2023年3月から、Jリーグのクラブチームである横浜F・マリノスとのオフィシャルパートナー契約を締結しています。 スポーツチームのスポンサーやパートナーとして全社的に活動することは、今回がランスタッドとして初めての試みでした。 ボトムアップではじめたプロジェクトなこともあり、来季のパートナー契約更新については、2023年の状況次第といわれるシビアな状況でした。 そんな中ではありましたが、2023年の活動は社内外で多くのインパクトをもたらし、無事に、202

        横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

        ランスタッドのnote開設から1年。編集チームで話し合ったら、コンセプトや理想の姿が明確になってやる気が出た話

        ランスタッドのnoteは、開設から1年とすこしが経ちました。 はじめは「ランスタッドのことをもっと多くの方に知っていただきたい」と1人で立ち上げたnoteも、今は編集チームの3名や30名以上のnote執筆メンバーの方に関わっていただき、すこしずつ社内外に拡がり、「"みんなの"ランスタッドのnote」になってきたような感覚があります。 今回は、これから先もこの場所が「"みんなの"ランスタッドのnote」として育っていけるよう、今後、ランスタッドのnoteが社内外に向けて担って

        ランスタッドのnote開設から1年。編集チームで話し合ったら、コンセプトや理想の姿が明確になってやる気が出た話

      • 受験生へ

        先日のランスタッドnote新年会で ルーレットおみくじをしたら、凶を引いてしまった おみくじにはそれぞれ、記事作成のキッカケになるお題が設定してあり(ありがとう運営ほんと助かる) 引いたおみくじが 「自身の受験シーズンを思い出して、受験生に応援メッセージを書こう!」 だったので 20年前の高校受験を振り返ってみようと思う ≪振り返るほどの量もなかった過去≫ *「お金がないから私立はダメよ♡」という方針だったので公立のみ *高校卒業後の進路は「就職しかダメよ♡」という方

      • 京都移民日記【0】京都ライフは最高-まずはご挨拶-

        初めまして、こんにちは。bmd.と言います。お元気でお過ごしでしょうか? 2023年の秋に東京から京都に引っ越してきました。引っ越し前後の話は会社の公式noteにまとめています。よろしければ併せてご覧くださいね。 こちらのnoteでは、「京都移民日記」として引っ越しのその後などを書いていこうと思っています。 なぜ「移民」なのか最近は遠方に引っ越すことを「移住する」という言い方をしますよね。私は京都に永住するかどうかはわからないので「引っ越す」という言葉を使ってきました。

        京都移民日記【0】京都ライフは最高-まずはご挨拶-