ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人…

ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人の公式noteです。 noteでは、主にランスタッドで働く人たちにフォーカスした発信をしていきます!ランスタッドへの取材等のご相談はこちら(https://bit.ly/3jzXsvk)へ!

マガジン

  • ランスタッドメンバーのnote記事

    各部署で働いているランスタッドメンバーが、日々考えていることや思っていることなど、生の声を書いています。

  • ランスタッドのなかみ

    ランスタッド社内のカルチャーや制度、各部署の様子や社内コミュニティの活動など、「ランスタッドのなかみ」をお伝えします。

  • キャリアや仕事に役立つTips

    総合人材サービス会社ならではのキャリアや仕事、組織運営に役立つTipsについてお伝えしています。

  • サッカーとランスタッド

    ランスタッド内のサッカーに関するnoteを集めています。

  • ランスタッドの気になるあの人/必殺仕事人

    ランスタッド社内で、ちょっとした有名人!?気になるあの人 / 必殺仕事人の素顔や極意に迫ります。

リンク

ランスタッドメンバーのnote記事

各部署で働いているランスタッドメンバーが、日々考えていることや思っていることなど、生の声を書いています。

すべて見る
  • 193本

全国各地にいる社内のパパママと座談会をやってみたら、気持ちをシェアすることで救われることもあると気付いた

ランスタッドのnoteには、社内で執筆メンバーを募集した際に集まった30名以上の社員が参加しています。個性的な記事が並ぶ中、執筆メンバー内にはワーママ・ワーパパが多数在籍していることもあり、子育てに関する記事を目にすることが多い印象です。 そこで、運営メンバーは思いつきました。 執筆メンバー内でパパママ座談会したらおもしろいんじゃない? これまでは、子どもを持つ親同士だと知りながらも、普段業務をしている中、ましてや全国各地の拠点やリモートで働くメンバーも多いため、なかなか

スキ
17

「今年の野望」がなかった私が、ランスタッドのnoteで「自分の棚卸こそが未来への準備だ」ということに気付けた話

こんにちは。「La Verkist(ラ・ヴェルキスト)すー」です。 先月、ランスタッドのnoteを書いているメンバーでちょっとした集まりがあったのですが、その中で「今年やりたいこと」を発表する機会がありました。 「今年は海外のあのエリアに旅行したい」「仕事の面ではこういったことを頑張りたい、皆に広めたい」など、思い思いのみなさんの発言を「いいなぁ」「面白そうだなぁ」と聞きいっていました。 そしていざ自分の番になったときに…「今年ならではの何か」それこそ「今年の野望」が、

スキ
6

私の欲しいものを書いたら自己紹介になった【パタゴニア行きのツアーチケットが欲しい】

会社のnoteをみんなで書いていこうね、という有志の集まりで新年会があった。その際に「サイコロで書くネタを決めよう!」という企画があり、私は「あなたが欲しいものをnoteで書いてね!」という担当になった。 欲しいものを頑張って探してみた。書いてみよう。 1番欲しいものと2番目に欲しいもの 1番欲しいもの…… それは…… 健康! それ以上に欲しいものはないです!健康、健康な体をください! 企画の意図と違っていると思うので2番目も考えた。 2番目に欲しいもの……

スキ
6

その方法、自分に合ってますか?映画が苦手な私がゲームをしながら映画を観たら自分の固定観念に気付いて状況を打破できた話

先日、私の働くランスタッドのnote執筆メンバーが集まる新年会で、noteのお題付きおみくじ企画に参加した際に『家族や友人とのお正月エピソードを書いてみる』と言うお題を引いたので、今日はそんな内容で書いていきたいと思います。 今年は例年より長い年末年始のお休みをいただきました、早川です。 充実した長期休みを過ごすために、何をしようかな?と考えていた2023年末。 そんな時、15年来の友人からユニバーサルスタジオジャパンのお土産をいただく機会がありました。 開口一番に「ハリ

スキ
7

ランスタッドのなかみ

ランスタッド社内のカルチャーや制度、各部署の様子や社内コミュニティの活動など、「ランスタッドのなかみ」をお伝えします。

すべて見る
  • 33本

全国各地にいる社内のパパママと座談会をやってみたら、気持ちをシェアすることで救われることもあると気付いた

ランスタッドのnoteには、社内で執筆メンバーを募集した際に集まった30名以上の社員が参加しています。個性的な記事が並ぶ中、執筆メンバー内にはワーママ・ワーパパが多数在籍していることもあり、子育てに関する記事を目にすることが多い印象です。 そこで、運営メンバーは思いつきました。 執筆メンバー内でパパママ座談会したらおもしろいんじゃない? これまでは、子どもを持つ親同士だと知りながらも、普段業務をしている中、ましてや全国各地の拠点やリモートで働くメンバーも多いため、なかなか

スキ
17

横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

ランスタッドでは、2023年3月から、Jリーグのクラブチームである横浜F・マリノスとのオフィシャルパートナー契約を締結しています。 スポーツチームのスポンサーやパートナーとして全社的に活動することは、今回がランスタッドとして初めての試みでした。 ボトムアップではじめたプロジェクトなこともあり、来季のパートナー契約更新については、2023年の状況次第といわれるシビアな状況でした。 そんな中ではありましたが、2023年の活動は社内外で多くのインパクトをもたらし、無事に、202

スキ
205

ランスタッドのnote開設から1年。編集チームで話し合ったら、コンセプトや理想の姿が明確になってやる気が出た話

ランスタッドのnoteは、開設から1年とすこしが経ちました。 はじめは「ランスタッドのことをもっと多くの方に知っていただきたい」と1人で立ち上げたnoteも、今は編集チームの3名や30名以上のnote執筆メンバーの方に関わっていただき、すこしずつ社内外に拡がり、「"みんなの"ランスタッドのnote」になってきたような感覚があります。 今回は、これから先もこの場所が「"みんなの"ランスタッドのnote」として育っていけるよう、今後、ランスタッドのnoteが社内外に向けて担って

スキ
72

社内ではじめて大運動会をしてみたら、短時間で心の距離がギュッと縮まった話

ランスタッドではコロナが落ち着いて来てからというもの、それまでのイベント自粛の反動なのか社内イベントがとても増えました。 2023年6月に実施したウォーキングイベントでは、歩いた距離に基づいた金額を寄付するチャリティイベントと絡めて、日本橋支店を出発点として、すでに気温が30℃前後と暑い中で都内を歩き回りました。 (日本橋から長野県の諏訪湖まで、3日間かけて歩いた猛者もいました!) 先日は事業部をまたいだフットサルイベントを行い、ドラマチックな展開を迎え、大団円で幕を閉じ

スキ
27

キャリアや仕事に役立つTips

総合人材サービス会社ならではのキャリアや仕事、組織運営に役立つTipsについてお伝えしています。

すべて見る
  • 23本

全国各地にいる社内のパパママと座談会をやってみたら、気持ちをシェアすることで救われることもあると気付いた

ランスタッドのnoteには、社内で執筆メンバーを募集した際に集まった30名以上の社員が参加しています。個性的な記事が並ぶ中、執筆メンバー内にはワーママ・ワーパパが多数在籍していることもあり、子育てに関する記事を目にすることが多い印象です。 そこで、運営メンバーは思いつきました。 執筆メンバー内でパパママ座談会したらおもしろいんじゃない? これまでは、子どもを持つ親同士だと知りながらも、普段業務をしている中、ましてや全国各地の拠点やリモートで働くメンバーも多いため、なかなか

スキ
17

キャリコン上司 VS ChatGPT!人材サービス会社でコーディネーターとして働く私がChatGPTに本気でキャリア相談してみた

こんにちは。外資系人材サービス会社、ランスタッドでコーディネーターとして働く早川と申します。 突然ですが私の働く会社では、3ヶ月に一度、直属の上司と今後のキャリアや方向性などを建設的かつ率直に話し合う、『グレートカンバセーション』、通称『グレカン』と言う個人面談イベントがあります。 キャリアの目標を立て、1人1つ用意された専用のスプレッドシートに進捗を入力したものを使用するため、作業としては正直めんどうだな、と思うことも。 しかし私の上司はキャリアコンサルタントの資格を持

スキ
20

横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

ランスタッドでは、2023年3月から、Jリーグのクラブチームである横浜F・マリノスとのオフィシャルパートナー契約を締結しています。 スポーツチームのスポンサーやパートナーとして全社的に活動することは、今回がランスタッドとして初めての試みでした。 ボトムアップではじめたプロジェクトなこともあり、来季のパートナー契約更新については、2023年の状況次第といわれるシビアな状況でした。 そんな中ではありましたが、2023年の活動は社内外で多くのインパクトをもたらし、無事に、202

スキ
205

ランスタッドのnote開設から1年。編集チームで話し合ったら、コンセプトや理想の姿が明確になってやる気が出た話

ランスタッドのnoteは、開設から1年とすこしが経ちました。 はじめは「ランスタッドのことをもっと多くの方に知っていただきたい」と1人で立ち上げたnoteも、今は編集チームの3名や30名以上のnote執筆メンバーの方に関わっていただき、すこしずつ社内外に拡がり、「"みんなの"ランスタッドのnote」になってきたような感覚があります。 今回は、これから先もこの場所が「"みんなの"ランスタッドのnote」として育っていけるよう、今後、ランスタッドのnoteが社内外に向けて担って

スキ
72

サッカーとランスタッド

ランスタッド内のサッカーに関するnoteを集めています。

すべて見る
  • 19本

初めて生で観戦した横浜F・マリノスのホーム戦がまた観られる日を楽しみにマリノスくんを愛でているはなし

初めてのマリノス観戦 2023.10.21 Sat 日産スタジアムにて初めて横浜F・マリノスのホーム戦を観戦。 生でサッカーの試合を観ることが高校生ぶり。 試合が始まるまでも周囲の雰囲気にのまれて、なんとなくソワソワしてました。 いざ試合が始まると、もう目が離せなくて、終始ドキドキしながら、ときどき声が出てしまうほど集中していました。 もうとにかく興奮。ゴールの瞬間は特に。 後半の怒濤のゴールラッシュは髪の毛が逆立つかと思いました。 食べながら観よ〜と買っていた

スキ
55

横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

ランスタッドでは、2023年3月から、Jリーグのクラブチームである横浜F・マリノスとのオフィシャルパートナー契約を締結しています。 スポーツチームのスポンサーやパートナーとして全社的に活動することは、今回がランスタッドとして初めての試みでした。 ボトムアップではじめたプロジェクトなこともあり、来季のパートナー契約更新については、2023年の状況次第といわれるシビアな状況でした。 そんな中ではありましたが、2023年の活動は社内外で多くのインパクトをもたらし、無事に、202

スキ
205

「私って、すごく運がいい」ーキャリアとサッカーライフについてー

有名な話ですが、パナソニック創業者の松下幸之助氏は、採用面接で「君は運がいいか」と尋ねていたそうです。 成功するかどうかは90%が運なので、それを謙虚に受け入れることと、残りの10%に懸命な努力をすることが必要という考えなんだそうです。 どんな状況でも、自分は運がいいと前向きに捉えて、勇気を持ち、努力する人が望ましいということでしょう。 今回インタビューしたAiさんが、松下氏の面接を受けていたら、大きな花丸が付いて合格になっていたはずです。 なぜなら、ご主人の海外赴任に帯同

スキ
87

首都圏の営業部門で、フットサル大会をやると聞きつけて観に行ってみた

最近、弊社(総合人材サービス会社 ランスタッド)の中で、フットサルが熱い!!!! そんなウワサを耳にしました。 ウワサによると、毎週固定の日に仕事終わりで、フットサルをやっている人たちがいるらしいのです。 さらに聞き込みを続けていくと、近々、支店対抗のフットサルイベントを企画しているらしい‥‥! そこで社内のフットサルに詳しいメンバーにコンタクトを取ったところ、主催者は、以前サッカー関連のnoteでインタビューをした木村さんを含むメンバーでした。 参加人数はフットサルに

スキ
26

ランスタッドの気になるあの人/必殺仕事人

ランスタッド社内で、ちょっとした有名人!?気になるあの人 / 必殺仕事人の素顔や極意に迫ります。

すべて見る
  • 10本

自分をさらけ出しながら、まわりとの関係をつくっていく。中堅メンバーに聞いたコミュニケーションの秘訣

総合人材サービス会社である弊社、ランスタッドには、国内に97の拠点があります。このたび「もっと地方拠点や色々な部署・そこで働く人について知りたい!」という声を受けて、ランスタッドのnoteでは、支店を特集するシリーズをはじめました。 今回は、新潟支店の皆さんへ聞き込み調査をおこない、支店のイチオシ社員の2名の方へ取材を実施。お二人に話を聞いていくと、「なにかあったときには、人に頼る」「みんなで進んでいく」というチームを意識した言葉が多く聞こえてきました。 2023年4月に

スキ
44

「採用も営業もノンフィクション」営業から転身した人事が考える、採用業務との向き合い方

働き方やキャリア形成が多様化し、企業における人事・採用のお仕事に注目が高まっています。総合人材サービス会社であるランスタッドの人事・採用担当は、一緒に働く仲間をどんな思いや考えで見つめ、自社の採用業務に取り組んでいるのでしょうか。 現在、勤続17年目となる平原千歳さんは、4年ほど前に営業から人事へ転身し、現在はハイクラス向け人材紹介部門と管理部門、ITソリューションサービス部門の3つの領域の自社採用担当として活躍しています。 2人のお子さんの子育てと両立しながらも、パワフ

スキ
81

横浜F・マリノスの選手に取材する日に、駆け出しサポーターのランスタッド社員が潜入したら愛がひたすら強まった話

ランスタッドは、23年3月に横浜F・マリノスとオフィシャルパートナー契約を締結しました。そして、パートナー契約の中には、選手を起用できる権利が含まれているのだといいます。 今回は、「選手を起用できる権利」を使って、ランスタッドが行った、横浜F・マリノスの選手たちへの取材に潜入してみたレポをお届けします! 書き手は、ランスタッドが今年の3月に横浜F・マリノスとパートナー契約を締結するまで、超インドア派の干物女だった、ランスタッド東京ベイ支店のいけだがお送りします! ちなみ

スキ
305

「遊び半分じゃなく”遊び全部”で仕事する」人材会社の部門責任者が話す、余白を確保してパフォーマンスを上げる方法

最近、社内行事やイベントでよくみかけるようになった岩﨑 信彦さん。 かくいうはせがわも、以前岩﨑さんが主催されたサバゲー(サバイバルゲーム)に参加したことから、たまにオフィスで岩﨑さんとお話しするようになりました。 仕事の場よりも社内行事やイベントの場でお会いすることの多い岩﨑さんですが、実はランスタッドの中でも、大手ECサイトを運営する人材派遣を専任している部門の責任者を務めているのだといいます。 めちゃくちゃイベントに参加してるし、なんならイベントの主催もしているのに

スキ
57