ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人…

ランスタッドのnote

世界38の国や地域に展開する、実は世界最大の総合人材サービス会社、ランスタッド日本法人の公式noteです。 noteでは、主にランスタッドで働く人たちにフォーカスした発信をしていきます!ランスタッドへの取材等のご相談はこちら(https://bit.ly/3jzXsvk)へ!

マガジン

  • ランスタッドメンバーのnote記事

    各部署で働いているランスタッドメンバーが、日々考えていることや思っていることなど、生の声を書いています。

  • 「#新社会人をふりかえる」に寄せていただいたnoteまとめ

    「#新社会人をふりかえる」に寄せていただいたnote記事をまとめてご紹介しています。

リンク

求人

  • 求人の画像

    【RSR】人事採用コーディネーター

    正社員
  • 求人の画像

    【RSR】リクルーター タレントアドバイザー

    正社員
  • 求人の画像

    大手製薬会社内アウトソーシング現場のリーダー職(栃木県宇都宮市)

    正社員

「#新社会人をふりかえる」に寄せていただいたnoteまとめ

「#新社会人をふりかえる」に寄せていただいたnote記事をまとめてご紹介しています。

くわしく見る
  • 14本

社会人になって一番よかったのは、お金がちゃんと入ることだと今も肝に銘じている

わたしは病気をしたりしたこともあって、「お金」にはずいぶん苦労する人生を送ってきました。でも、だからこそ、働いてお金をいただくことのありがたさや尊さを忘れず、頑張ることができているとも感じています。 この国では、人前で自分の経済状況や経済感覚を語るのは下世話と思われがちですが、今日は敢えてそんな「社会人になること」と「お金をもらうこと」についてお話ししたいと思います。 独立を決めた父から、9才のわたしが学んだこと突然ですが、わたしの父は会社経営者でした。わたしが9才の時、

スキ
29

新卒就活はできなかったけれど、発達障害特性を活かしながら働けている今がある

今回は新社会人がお題ということで、自分の新社会人の時を振り返ったり、その他に思うことを書いてみたいなと思います。ただ、実は私は新卒での就職というものをしていません。 というのも、私は発達障害の特性を持っているのですが、大学在学中に発達障害の特性やその他色々な事情で周囲の環境に上手く対処できず、うつやセルフネグレクトの症状が出るようになったからでした。今回は、そんなおはなしができたらと思っています。 改めまして、こんにちは。ランスタッドのED&I(エクイティ、ダイバーシティ

スキ
54

【結果発表】「#新社会人をふりかえる」お題企画の受賞作品をご紹介します

ランスタッドでは、2024年4月1日~4月28日までの期間、「#新社会人をふりかえる」フォロー&ハッシュタグ投稿企画を、X(旧Twitter)とnoteにて同時開催いたしました。 いよいよ今回は、「#新社会人をふりかえる」お題企画の結果を発表いたします♪ 受賞作品をご紹介します!企画には、皆さんから約100件のエピソードをお寄せいただきました! 今回は、その中から受賞作品を決定いたしましたので、ランスタッドnote編集部からのコメントとともにご紹介していきます。 ■「

スキ
15

「#新社会人をふりかえる」社員から寄せられたエピソードのご紹介

総合人材サービス会社のランスタッドでは、2024年4月28日(日)まで、Xとnoteにて「#新社会人をふりかえる」フォロー&ハッシュタグ投稿キャンペーンを開催していました。 このキャンペーンは、かつて新社会人だった私たちが皆さんと一緒に、"あの頃の気持ち"を思い出しながら、自分のがんばりや成長を讃えたり、自分自身を労わったりできる機会になればと思い、開催いたしました。 また、この度のハッシュタグキャンペーンに際し、弊社内でも「#新社会人をふりかえる」エピソードが社員からも

スキ
17

ランスタッドメンバーのnote記事

各部署で働いているランスタッドメンバーが、日々考えていることや思っていることなど、生の声を書いています。

くわしく見る
  • 220本

社会人になって一番よかったのは、お金がちゃんと入ることだと今も肝に銘じている

わたしは病気をしたりしたこともあって、「お金」にはずいぶん苦労する人生を送ってきました。でも、だからこそ、働いてお金をいただくことのありがたさや尊さを忘れず、頑張ることができているとも感じています。 この国では、人前で自分の経済状況や経済感覚を語るのは下世話と思われがちですが、今日は敢えてそんな「社会人になること」と「お金をもらうこと」についてお話ししたいと思います。 独立を決めた父から、9才のわたしが学んだこと突然ですが、わたしの父は会社経営者でした。わたしが9才の時、

スキ
29

初めての船釣り体験で30,000円を10分で失ったけれど失敗を含めて新しい挑戦だと気付いた

こんにちは、3〜4年ほど前から地味~に堤防釣りにハマっている早川です。 今回は念願叶って初めての船釣りに挑戦! とても貴重な(笑)体験をしてきたので、これから船釣りをしてみたい!という方にも共有したいと思います。 竿を新調して準備万端昨年10月、憧れの先輩から船釣りのお誘いをいだいた。 その後も数回お誘いをいただき、その度に予定が合わず、すれ違いが続いていました。 しかし今回5回目のお誘いで、ついに予定があったのです…!! 上記で『カス装備』と表現しているのは、堤防釣り

スキ
13

仕事が終わって一息。10分間で疲れた脳ミソフル回転で筆を走らせてみる

今日も皆さん、1日お疲れ様でした! どんな1日を過ごされましたか? 私は本日、夕方頃からの唐突なお腹の微痛と戦いながら仕事をしておりました。 原因は不明。 冷えなのか姿勢のせいなのか… とにかく乗り越えれることができて良かった!! そして本日が在宅勤務dayで本当に良かった。 帰りの電車で腹痛は想像しただけでゾッとします。 今はだいぶ痛みもなくなり、 「お腹空いたな〜」なんて思ってます。 恐るべし私の食い意地。 腸は不調でも胃袋は元気いっぱいのようです。 最近は

スキ
16

「noteが書けない」を救ってくれたパイセンのひとこと

ここ数か月、noteが書けなかった。 書く心の余裕がなかったのもあるけど、いろいろなことが重なり自己肯定感が過去最高になくなり、「自分の書いた記事になんの意味があるのか」「誰が読んでくれるのか」なんてことを思ってしまって、書く気になれなかった。 自分のために書いていたはずなのに、「スキ」の数=自分を認めてくれる数にいつの間にかすり替わっていた。 こわいこわい。 最近気づいたことだけど、私は自分が思っていた以上に承認欲求が強いらしい。誰かに認められることで自分の価値を見出

スキ
11

サッカーとランスタッド

ランスタッド内のサッカーに関するnoteを集めています。

くわしく見る
  • 24本

生まれて初めてのサッカー観戦は「もっと人間楽しめよ!!!」って言われた気がした。

スポーツ観戦って、苦手だった。ハラハラドキドキして、悔しかったり、感動したり、心臓が振り回されるのが嫌だった。 中高テニス部だったけど、プロの試合を見たいと思ったことはなかったし、当然オリンピックにも興味がなかった。 そんな私が、先日生まれて初めて横浜F・マリノスの試合観戦に行って来た。仕事の一環でしぶしぶ行くことになったのだ。(関係各所のみなさま、こんな言い方をしてごめんなさい。) まあ、こんな機会もないと一生生で観戦しようなんて思わないだろうから、人生経験の一つとし

スキ
120

横浜F・マリノスサポーターの皆さんに、試合日のお仕事見学&スタジアムツアーを企画しました

とつぜんの質問からスタートしてしまいましたが、この話はまた後ほど! あらためまして、こんにちは。総合人材サービス会社のランスタッドです。弊社は、横浜F・マリノスとのパートナー契約2年目を迎えています。 2年目を迎えるにあたって、「なにか1年目とは違ったことをしたい!」と考え、今回は「SPOTお仕事見学&スタジアムツアー」イベントを企画しました。 このnoteでは、イベントのお知らせと、参加してくださる方の募集ができるとうれしいなと思っています! 書き手は、ランスタッドで

スキ
70

6月29日、横浜F・マリノスサポーターの想いをのせた"コラボうちわ"を日産スタジアムで配布します!

おかげさまで、横浜F・マリノスとのパートナー契約も2年目を迎えました。引き続き、皆さんとともに横浜F・マリノスを後押ししたり、盛りあげげたりしていけるようなランスタッドでありたいと考えている今日この頃です。 今回は、2024年6月29日(土)に日産スタジアムで実施される、横浜F・マリノスのホーム試合に向けて、ランスタッドが準備した"コラボうちわ"とキャンペーンについてお伝えしたい!と思い、このnoteを書いています。 な の で す が ! 近頃、マリサポの皆さんの"と

スキ
143

サッカーに詳しくない私がスタジアムに通うのは、そこに集う人たちの魂を感じたいから

2024年5月11日。横浜F・マリノスは、アジアチャンピオンズリーグ(AFCチャンピオンズリーグ)の決勝戦(2回戦あるうちの1試合目)を迎えていた。 決勝戦の日がやってくることを心待ちにしていた!という思いもあったし、一方でもはやちょっと怖い、緊張する気持ちもあった。 それもそのはず。実はこれまで、マリノスはアジアチャンピオンズリーグで決勝進出はおろか、ベスト8進出も成したことがなかったから。 ちなみに、私はサッカー自体のことを正直ぜんぜんわかっていない。 試合中に選

スキ
322

ランスタッド社内の気になるあの人

ランスタッド社内で、ちょっとした有名人!?気になるあの人 / 必殺仕事人の素顔や極意に迫ります。

くわしく見る
  • 12本

「オープンにキャリアを語り、訪れたチャンスに飛び込む」外資系人材会社の採用責任者が考える、自分らしいキャリアの築き方

さまざまなキャリアを持つ社員が在籍するランスタッド。その人事本部で2つのチームの責任者を担っている西野雄介さんもまた多様な企業を渡り歩き、独自のキャリアを積んできた一人です。 今回は「グローバルリーダーになる」という自身のキャリア軸を持ち続け、ランスタッドの人事本部で2つの部署を率いる西野さんに、これまでの経歴やキャリアについての考え方をお話しいただきました。 一人よがりにならない自分軸のつくり方など、自分らしいキャリアを築いていくためのヒントをたくさん伺い、私自身もとて

スキ
65

「D&Iとは、一人ひとり違う私たちの不便さをなくしていくこと」D&I推進に奔走する担当者に話を聞いてみた

突然ですが、皆さんは「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」のことをご存知ですか? 近年、さまざまな場面で聞かれるようになったD&Iですが、実際のところの意味ってなんだろう?どんな取り組みがD&Iにつながるのだろう?と疑問に思ったことはありませんか。ちなみに、私はあります! 総合人材会社であるランスタッドでは、D&Iの活動を社内外にもっと広めていくために、D&Iを推進するための専任チームがあります。今回は、そのチームでマネージャーを務める村松さんに「そもそも、D&Iっ

スキ
58

自分をさらけ出しながら、まわりとの関係をつくっていく。中堅メンバーに聞いたコミュニケーションの秘訣

総合人材サービス会社である弊社、ランスタッドには、国内に97の拠点があります。このたび「もっと地方拠点や色々な部署・そこで働く人について知りたい!」という声を受けて、ランスタッドのnoteでは、支店を特集するシリーズをはじめました。 今回は、新潟支店の皆さんへ聞き込み調査をおこない、支店のイチオシ社員の2名の方へ取材を実施。お二人に話を聞いていくと、「なにかあったときには、人に頼る」「みんなで進んでいく」というチームを意識した言葉が多く聞こえてきました。 2023年4月に

スキ
45

「採用も営業もノンフィクション」営業から転身した人事が考える、採用業務との向き合い方

働き方やキャリア形成が多様化し、企業における人事・採用のお仕事に注目が高まっています。総合人材サービス会社であるランスタッドの人事・採用担当は、一緒に働く仲間をどんな思いや考えで見つめ、自社の採用業務に取り組んでいるのでしょうか。 現在、勤続17年目となる平原千歳さんは、4年ほど前に営業から人事へ転身し、現在はハイクラス向け人材紹介部門と管理部門、ITソリューションサービス部門の3つの領域の自社採用担当として活躍しています。 2人のお子さんの子育てと両立しながらも、パワフ

スキ
86

キャリアや仕事に役立つかもしれないtips

総合人材サービス会社ならではのキャリアや仕事、組織運営に役立つTipsについてお伝えしています。

くわしく見る
  • 24本

「オープンにキャリアを語り、訪れたチャンスに飛び込む」外資系人材会社の採用責任者が考える、自分らしいキャリアの築き方

さまざまなキャリアを持つ社員が在籍するランスタッド。その人事本部で2つのチームの責任者を担っている西野雄介さんもまた多様な企業を渡り歩き、独自のキャリアを積んできた一人です。 今回は「グローバルリーダーになる」という自身のキャリア軸を持ち続け、ランスタッドの人事本部で2つの部署を率いる西野さんに、これまでの経歴やキャリアについての考え方をお話しいただきました。 一人よがりにならない自分軸のつくり方など、自分らしいキャリアを築いていくためのヒントをたくさん伺い、私自身もとて

スキ
65

全国各地にいる社内のパパママと座談会をやってみたら、気持ちをシェアすることで救われることもあると気付いた

ランスタッドのnoteには、社内で執筆メンバーを募集した際に集まった30名以上の社員が参加しています。個性的な記事が並ぶ中、執筆メンバー内にはワーママ・ワーパパが多数在籍していることもあり、子育てに関する記事を目にすることが多い印象です。 そこで、運営メンバーは思いつきました。 執筆メンバー内でパパママ座談会したらおもしろいんじゃない? これまでは、子どもを持つ親同士だと知りながらも、普段業務をしている中、ましてや全国各地の拠点やリモートで働くメンバーも多いため、なかなか

スキ
31

キャリコン上司 VS ChatGPT!人材サービス会社でコーディネーターとして働く私がChatGPTに本気でキャリア相談してみた

こんにちは。外資系人材サービス会社、ランスタッドでコーディネーターとして働く早川と申します。 突然ですが私の働く会社では、3ヶ月に一度、直属の上司と今後のキャリアや方向性などを建設的かつ率直に話し合う、『グレートカンバセーション』、通称『グレカン』と言う個人面談イベントがあります。 キャリアの目標を立て、1人1つ用意された専用のスプレッドシートに進捗を入力したものを使用するため、作業としては正直めんどうだな、と思うことも。 しかし私の上司はキャリアコンサルタントの資格を持

スキ
22

横浜F・マリノスとのパートナー契約担当者が、試行錯誤しながら1年目にやったことを振り返る

ランスタッドでは、2023年3月から、Jリーグのクラブチームである横浜F・マリノスとのオフィシャルパートナー契約を締結しています。 スポーツチームのスポンサーやパートナーとして全社的に活動することは、今回がランスタッドとして初めての試みでした。 ボトムアップではじめたプロジェクトなこともあり、来季のパートナー契約更新については、2023年の状況次第といわれるシビアな状況でした。 そんな中ではありましたが、2023年の活動は社内外で多くのインパクトをもたらし、無事に、202

スキ
213